星野 源 イエロー マガジン。 星野源、公式イヤーブック『YELLOW MAGAZINE 2018

星野源が語る“イエローミュージック”の新展開「自分が突き動かされる曲をつくりたい」

源 マガジン 星野 イエロー 源 マガジン 星野 イエロー 源 マガジン 星野 イエロー 源 マガジン 星野 イエロー

』の主題歌『アイデア』、 そして3年ぶりのオリジナルアルバム『POP VIRUS』をリリースした激動の2018年を 振り返るロングインタビューをはじめ、日本のアートやファッションシーンで 世界から注目を浴びる写真家、小浪次郎との撮り下ろしフォトストーリーが実現。 なお、公演やチケットの詳細は「YELLOW PASS」サイト内、または星野源オフィシャルサイト内「NEWS」にて公開予定。 『YELLOW DANCER』は、ファンの人にもファンじゃなかった人にも、本当にたくさんの人たちに聴いてもらえたので。

6

星野源オフィシャルイヤーブック『YELLOW MAGAZINE 2019

源 マガジン 星野 イエロー 源 マガジン 星野 イエロー 源 マガジン 星野 イエロー 源 マガジン 星野 イエロー

自分の好きな曲を選んで、プレイリストをつくって。 もう血の段階で絶対に敵わないし、うまく真似できることが賞賛される時代はもう終わったと思うんですね。 星野:以前にはできなかったこととして、無目的に曲をつくれるようになったんですよ。

星野源、YELLOW PASS限定イベント「Assembly」を横浜&大阪で

源 マガジン 星野 イエロー 源 マガジン 星野 イエロー 源 マガジン 星野 イエロー 源 マガジン 星野 イエロー

ーーフフフフフ……とても大事なことですよね。 誌面&デザインを大幅リニューアルして、昨年よりも20ページ以上増の全164ページにてお届けします。

星野源オフィシャルイヤーブック『YELLOW MAGAZINE 2018

源 マガジン 星野 イエロー 源 マガジン 星野 イエロー 源 マガジン 星野 イエロー 源 マガジン 星野 イエロー

たとえば、海外の音楽との同時代性みたいなものがこのなかにはあるんじゃないかとか、そういう感覚もあるにはあったんですよ。 配信視聴ページは、公演のチケット販売ページ、配信サービス( )内マイページよりアクセスいただけます。 ーー「好き勝手につくったアルバム」が商業的にも批評的にも大きな成功をおさめたことは、星野さんの音楽への姿勢やモチベーション、特に今回のニューシングル『恋』の制作にどんな影響を及ぼしていますか? 星野:いろいろあります。

8

星野源オフィシャルイヤーブック『YELLOW MAGAZINE 2019

源 マガジン 星野 イエロー 源 マガジン 星野 イエロー 源 マガジン 星野 イエロー 源 マガジン 星野 イエロー

すごいものができたっていう手応えはあったんですけど、なにかのニーズに応じてつくったアルバムというよりは、好き勝手に楽しくつくれた満足感が大きいアルバムという感じだったので。

9

YELLOW PASS

源 マガジン 星野 イエロー 源 マガジン 星野 イエロー 源 マガジン 星野 イエロー 源 マガジン 星野 イエロー

星野源が9thシングル『恋』を10月5日にリリースした。 単にウケを狙えばいいってものでもないし、それこそ設楽さんが言ってくれたみたいに、めちゃくちゃ真面目にふざけないといけない。

19

星野源オフィシャルイヤーブック『YELLOW MAGAZINE 2018

源 マガジン 星野 イエロー 源 マガジン 星野 イエロー 源 マガジン 星野 イエロー 源 マガジン 星野 イエロー

2019年を振り返る恒例のロングインタビューのほか、豪華ゲストを招いての対談/鼎談企画には、ソロデビュー以前から親交のあるバナナマン(設楽統さん&日村勇紀さん)のお二人や、EP『Same Thing』での共作が話題を呼んだPUNPEEさん&星野のバンドメンバーの一員でもあるSTUTSさんが参加。

13

星野源が語る“イエローミュージック”の新展開「自分が突き動かされる曲をつくりたい」

源 マガジン 星野 イエロー 源 マガジン 星野 イエロー 源 マガジン 星野 イエロー 源 マガジン 星野 イエロー

で、細野さんが達郎さんの作品に参加されたり、達郎さんが細野さんの作品に参加されたりはしていたんですけど、ちゃんと話したことはなかったという話を聞いて「ああ、そうなんだ」と思って。 アーティストオンラインショップ「A! なお、生配信ではチャットと投げ銭機能をお楽しみいただけます。 そんななかで自分たちの音楽とは何かと考えたときに、いろんな国の音楽を吸収しつつも真似をするのではなく自分たちのフィルターをしっかり通した音楽、イエローミュージックというものを考えたんですけど、今回の『恋』に関しては「これがイエローミュージックです」と提示して「ああ、なるほど」と感覚的に思ってもらえるようなものをつくりたくて。

18