池田 食品。 三代目池田屋

池田食品株式会社 « 札幌の元気企業|さっぽろ産業ポータル

食品 池田 食品 池田 食品 池田 食品 池田

婚礼会場• 同36年に現在地に工場を構え、豆製品を主体に事業を展開してきたが、昭和50年代後半に他社工場を引き継ぎボーロの製造を開始、さらにチョコレートの自社工場を新設した。 一番うれしいのは、やっぱり「おいしい」のひと言ですね。

会社案内

食品 池田 食品 池田 食品 池田 食品 池田

会社名 株式会社 池田食品 代表者名 池田 啓修 事業内容 青果物の加工・販売 主なお取引業種• なお、同社製品の一部は小学校の学校給食にも採用されている。 また、道内唯一のボーロ製造メーカーであることも特色。

11

池田食品

食品 池田 食品 池田 食品 池田 食品 池田

アンテナショップの役割を果たす 工場直売店「松屋池田」 池田食品(株)は、オリジナリティあふれる豆菓子やチョコレート、小麦粉ベースの菓子類、ボーロなどを製造販売する札幌の菓子メーカーだ。 その後も時代に合わせて設備機器を整備。 そしてその商品の長所・短所を客観的に判断し、自社の商品づくりに反映させる、といった具合だ。

17

三代目池田屋

食品 池田 食品 池田 食品 池田 食品 池田

会社案内 会社概要 社名 池田食品株式会社 所在地 〒930-0816 富山県富山市上赤江町1丁目2番地7号 代表者名 代表取締役 池田 昌徳 電話番号 076 432 5671(代) ファックス 076 441 6547 創業 万延元年(1860年) 営業内容 焼麩の製造販売 資本金 1,200万円 取引銀行 三井住友銀行富山支店,北陸銀行奥田支店,富山第一銀行堤町支店 主要仕入先 金沢製粉(株)、阿蘇食品(株)、サクラパックス(株)、賀谷セロファン(株)、同業協力工場 会社沿革 万延元年(1860) 屋号「池田屋」を池田初江が富山市柳町64にて創業 明治30年(1897) 「池田滋太郎商店」に二代池田滋太郎が屋号変更 昭和15年(1940) 三代池田太郎、滋太郎を襲名 昭和20年(1945) 戦災により、富山市稲荷元町26に移転 昭和27年(1952) 池田製麸株式会社を設立 昭和36年(1961) 池田食品株式会社に社名変更 昭和48年(1973) 「うず巻ふ」の製法特許、実用新案、意匠登録、取得 昭和57年(1982) 業務拡張につき、現在地に移転 昭和62年(1987) 前社長池田朋行就任 平成19年(2007) 焼麩生産能力向上の為、設備増設 平成23年(2011) 現社長、就任. 本州では小麦粉を使用したボーロが主流だが、同社が商品化した「北海道ミルクボーロ」は道産のジャガイモでん粉とミルクを使用しており、健康的な子供のおやつとして人気を得ている。

13

池田食品 工場直売店

食品 池田 食品 池田 食品 池田 食品 池田

。 お客さんと直接コミュニケーションが図れるので、消費者にどの商品がどう評価されているのか身を持って知ることができ、とても参考になります。 それが当社の最大の長所ですね。

池田食品株式会社 « 札幌の元気企業|さっぽろ産業ポータル

食品 池田 食品 池田 食品 池田 食品 池田

ここの売り場担当も固定せず、製造部門や営業部門の社員にも店先に立つ機会を与えている。 カシューナッツなど外国産の豆類を仕入れる際は、商社の協力のもとに生産現場を実際に確認し、遺伝子組み換えの有無をはじめ品質の安全性を厳しくチェック。

池田食品

食品 池田 食品 池田 食品 池田 食品 池田

お客様との繋がりを持つ事で社員のモチベーションアップにも繋がり「豆富屋はかっこいい」と思われるように、日々奮闘しています。 部署の垣根を越えて知恵を結集する「社内異業種交流」の体制を実現 「松屋池田」の店内 新商品を開発する場合、特定の部署や人に任せている企業が多いが、同社では全社一丸となって取り組んでいる。 医療・介護施設• また「行商」と言う移動販売も手掛け、国産大豆を主に安心・安全の素材を厳選して作ったこだわりの島豆富を直接お客様の元にお届けする事が可能になりました。