地下鉄 路線 図。 日本の地下鉄

日本の地下鉄

図 地下鉄 路線 図 地下鉄 路線 図 地下鉄 路線 図 地下鉄 路線

6 km は第二種鉄道事業者(施設保有は) 総延長のうち、鉄道:5. は起点のを含む全線の6割近くが地下区間。 地下鉄は建設費が莫大でさらに近隣の地下の使用状況を考えると、の待避設備などを設けるだけの予算や場所の捻出が困難。 地下鉄事業者に関しては「地下鉄建設にあたって補助金を使用した事業者を地下鉄事業者とする別の考え方もある」 とも回答しており、これに従えば公営8事業者と東京メトロ・Osaka Metroのほかに、・・・・・・を含む17事業者が該当することとなる。

都営浅草線の路線図

図 地下鉄 路線 図 地下鉄 路線 図 地下鉄 路線 図 地下鉄 路線

- - 間が開業(であるが、本通駅 - 間は地下鉄扱いである)。 6 km は地下高速鉄道整備事業費補助制度によらず建設 第三セクター 1 0 04. 直通先では種別が変更される。 2 km• 路線名 会計年度 純利益 出典 平成29年度 約371億7500万円 の1ページ目 平成30年度 約143億3500万円 の14ページ目 平成19年度 約119億6000万円 の36ページ目 平成30年度 約113億7800万円 の14ページ目 平成30年度 約99億5400万円 の14ページ目 平成29年度 約74億8600万円 の1ページ目 平成26年度 約65億 0200万円 の9ページ目 平成29年度 約61億2000万円 の1ページ目 平成30年度 約60億2900万円 の3ページ目 平成30年度 約53億2500万円 平成30年度 約41億1900万円 平成26年度 約33億 0962万円 平成29年度 約32億6000万円 の1ページ目 平成19年度 約29億5100万円 の9ページ目 平成20年度 約10億3700万円 の5ページ目 平成30年度 約9億8100万円 の1ページ目 平成29年度 約6億8900万円 の1ページ目 平成30年度 約5億7600万円 以上の路線が黒字を示している。

2

まるで本物「さいたま市営地下鉄」路線図 網の目のように広がる5路線に「開通して!」: J

図 地下鉄 路線 図 地下鉄 路線 図 地下鉄 路線 図 地下鉄 路線

空襲の際には地下鉄が唯一の交通機関になることから、防空上の要請から資金と資材が許す限り推進することと定められたが、現実には戦時経済下での建設はほとんど進まなかった。 また、著しく利用客の多い駅では、島式のホームを方向別に千鳥状に分けることによって、利用者の混雑を抑えるところや(例:)、新規にホームを新設して方面別に分離する(例:)といった対策がとられている。 ほかにも、制作上のこだわりが見られる。

1

日本の地下鉄

図 地下鉄 路線 図 地下鉄 路線 図 地下鉄 路線 図 地下鉄 路線

(昭和17年) - の下り本線(日本で初めてのにして、世界最初の鉄道用海底トンネル。 上り本線は1944年に開通) 第二次世界大戦後 [ ] 終戦時の日本の地下鉄は東京が14. 年表 [ ] 画像外部リンク 地下隧道(正式名称不明) (1933年) ・の地下ホーム(1920年代撮影) 第二次世界大戦の終戦時まで。 例を挙げれば、減価償却費を各自治体が、どのように計上していくかによって決算の数字が大きくブレる可能性がある。

ニューヨーク地下鉄マップ地図(サブウェイ・マップ)

図 地下鉄 路線 図 地下鉄 路線 図 地下鉄 路線 図 地下鉄 路線

(2010年7月) 歴史的には、では、(4年)に(現:)と(現:)との間、約0. 前者は1997年営業休止、2004年廃止。

15

ニューヨーク地下鉄マップ地図(サブウェイ・マップ)

図 地下鉄 路線 図 地下鉄 路線 図 地下鉄 路線 図 地下鉄 路線

乗換路線•。 (地下鉄博物館 2017年9月15日)• 大阪市営地下鉄中央線は開業当初全線が高架で、地下区間が全く存在しなかった。 乗換路線• の路線に、「交通網整備計画」の策定で盛り込まれた地下鉄でない鉄道路線を主体とする鉄道網を持つ鉄道事業者の地下路線(渋谷 - 二子玉川間(旧新玉川線)、泉岳寺 - 品川間、小竹向原 - 練馬間など)を加えたもの(上での地下鉄の定義、に定めるの一つである「」として) 以上のような定義があるが、ここでは、主に 2. - - 間が開業。

ニューヨーク地下鉄マップ地図(サブウェイ・マップ)

図 地下鉄 路線 図 地下鉄 路線 図 地下鉄 路線 図 地下鉄 路線

(昭和16年) - 名岐線(現:)の新名古屋駅(現:) - (現:)間(新名古屋駅 - は開通)• 札幌市 2019. 正式には「」の別線。 路線別の平均輸送人員には乗り継ぎ分を含む。 乗換路線• 乗換路線. 地下高速鉄道整備事業費補助制度により建設された地下鉄扱い区間は先述の通りであるが、その先の手前まで連続して地下を走っており、は地下駅、新白島駅は半地下駅となっている• (日本地下鉄協会)• 乗換路線 乗換路線はありません• 建設中の未開業区間もしくは譲受予定の区間は外数で〈 〉に示す。

12