ベネッセ e ポートフォリオ。 「ポートフォリオ」について|マナビジョン|Benesseの大学・短期大学・専門学校の受験、進学情報

eポートフォリオの光と闇|石原 太一/Taichi Ishihara|note

E ポートフォリオ ベネッセ E ポートフォリオ ベネッセ E ポートフォリオ ベネッセ E ポートフォリオ ベネッセ

「調査書の活用強化」のために利用されるはずだったシステム「Japan e-Portfolio」の導入見送りが決まったのである。 ところが、そのデータを管理する一般社団法人教育情報管理機構を訪ねてみると…。

10

入試で評価の記録サイト、利用には一企業ID 「利益誘導」疑う声も|【西日本新聞ニュース】

E ポートフォリオ ベネッセ E ポートフォリオ ベネッセ E ポートフォリオ ベネッセ E ポートフォリオ ベネッセ

ペーパーテストで測れない学力を測る、と言うのが本来の主旨だったと思います。

11

大学入試『eポートフォリオ』取り消しの原因は?クラッシー・スタディサプリ活用中の18万人はどうなる?|「愛読書は何ですか?」

E ポートフォリオ ベネッセ E ポートフォリオ ベネッセ E ポートフォリオ ベネッセ E ポートフォリオ ベネッセ

しかし、運営に関わった関西学院大学の職員は、これらの項目は「大学の入試などでこれまで聞いてきたことを並べた」ものだといいます。 また、「何を指導されたか」が生徒から上がってくるということは、教員側からすれば何が生徒に伝わっているのかが把握できるので、それをさらに指導にフィードバックすることができます。

20

入試で評価の記録サイト、利用には一企業ID 「利益誘導」疑う声も|【西日本新聞ニュース】

E ポートフォリオ ベネッセ E ポートフォリオ ベネッセ E ポートフォリオ ベネッセ E ポートフォリオ ベネッセ

ベネッセのIDだけ取得して、進研模試は受けないということは考えにくい」と、同社に有利に働いていると話す。 同機構は文科省からの指導を受け、新たなID管理システムの移行に向け、作業に着手した、という。

2

大学入試『eポートフォリオ』取り消しの原因は?クラッシー・スタディサプリ活用中の18万人はどうなる?|「愛読書は何ですか?」

E ポートフォリオ ベネッセ E ポートフォリオ ベネッセ E ポートフォリオ ベネッセ E ポートフォリオ ベネッセ

雰囲気と空気感でなんとなく記録してしまう生徒は絶対にいますし、誰かのを写したり、そもそも覚えてないし書く気もない生徒もいるでしょう。 保護者にもアカウントが割りふられているので、学校からの知らせを受信したり、子どものテストの成績を見たり、担任の先生との双方向からのやりとり、親からの欠席連絡など、最強タッグのなせる技が存分に行き届いている印象です。 今後は「協力者会議」で評価のしくみ等の検討を進めていくとしています。

20

全国の高校で導入中、活動記録サイトの正体

E ポートフォリオ ベネッセ E ポートフォリオ ベネッセ E ポートフォリオ ベネッセ E ポートフォリオ ベネッセ

「安倍政権と民間企業が一体となり、教育を企業の利益拡大の場に変えるために行われてきたのが『教育再生実行会議』だ。 あるいは国としての支援の在り方などについて、高校と大学の考えを聞きながら検討する必要がある。

16

eポートフォリオとは?教員が知っておくべきメリットと問題点を解説

E ポートフォリオ ベネッセ E ポートフォリオ ベネッセ E ポートフォリオ ベネッセ E ポートフォリオ ベネッセ

流れは止められなくとも、個人のデータの扱いを適切に(個人が個人のデータの追跡・消去可能性を保持できること)やってくれることを願います。 「大学入学者選抜における多面的な評価の在り方に関する協力者会議」が6、7月に行った審査では、どちらの条件も満たしていませんでした。

6

eポートフォリオとは?教員が知っておくべきメリットと問題点を解説

E ポートフォリオ ベネッセ E ポートフォリオ ベネッセ E ポートフォリオ ベネッセ E ポートフォリオ ベネッセ

学力以外の能力をデータ化 生徒の記録は、「探究活動」「生徒会・委員会」「学校行事」「部活動」「学校以外の活動」「留学・海外経験」「表彰・顕彰」「資格・検定」という項目に分けられる。

13

ベネッセ運営の情報システム/許可取り消し 廃止へ/野党批判「個人情報、民間利益に利用」

E ポートフォリオ ベネッセ E ポートフォリオ ベネッセ E ポートフォリオ ベネッセ E ポートフォリオ ベネッセ

また、プライバシーマークや情報セキュリティマネジメントシステムの取得など、セキュリティ管理が整備された事業者のみ運用が委託されることとなっています。 検証不可能だった自分の指導に対する率直な評価が上がってくるのは、指導技術を磨くのには役立ちます。 資格や検定、部活動、学校行事などを、高校生自らがネット上に書き込む方法です。

3